• HOME
  • NEWS
  • プラントベース・ロコモコ新登場!

プラントベースロコモコ.jpgPLANT-BASED LOCO MOCO

プラントベース・ロコモコ 1210円(税込)

アロハテーブルでは、2021年9月15日(水)より「プラントベース・ロコモコ」を販売します。
アロハテーブルで使用している大豆由来の植物肉である大豆ミートは、DAIZ社のミラクルミートを採用。大豆ミート特有の臭みが少なく、ヘルシーで美味しくお召し上がりいただけます。オリジナルグレービーソースまたはテリヤキソースとともにお楽しみください。

※グレービーソース、テリヤキソースには動物性原料を使用しております。

【販売店舗】

※自治体の方針により、ご利用人数並びに滞在時間の制限、営業時間等を変更する場合がございます。ご利用の際は店舗の公式HPをご覧ください

植物肉について・・・
植物肉は、畜産に代わる「次世代のお肉」として、温室効果ガスの排出を抑える効果の高い植物性食品として注目されています。地球温暖化は、二酸化炭素・メタン・一酸化炭素・フロンなどの温室効果ガスが原因と言われています。温室効果ガスの最も大きな排出源は電力(火力発電など)ですが、同等に大きな排出源となっているのが、農業・畜産業※8です。世界で飼育されている15億頭もの牛による二酸化炭素や腸内ガス(メタン)の排出が大きな要因となっています。地球環境にやさしい植物肉を選ぶことで持続可能な資源利用社会実現への貢献を遂行してまいります。

ミラクルミートについて・・・
・発芽の特許技術「落合式ハイプレッシャー法」は、酸素、二酸化炭素、温度、水分などの生育条件を制御することで大豆が持つ「植物としての発芽能力」を引き出し、うま味(アミノ酸)などの栄養価を増大しています。
・高オレイン酸大豆を原料とすることにより、大豆特有の異風味を低減しています。
・発芽大豆をエクストルージョン(押し出し成形)することにより、他の原料や添加物を加えずに、肉のような食感を再現しています。

DAIZ社について・・・
DAIZ社は、発芽の特許技術「落合式ハイプレッシャー法」と独自の製法工程を掛け合わせることで、肉に近い味と食感の再現、大豆特有の異風味の低減を実現した、おいしくサステナブルな大豆由来の植物肉原料「ミラクルミート」の開発・生産を行うフードテック・スタートアップ企業です。